コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斗落 とらく

1件 の用語解説(斗落の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

とらく【斗落】

朝鮮独特の耕地面積表示法。朝鮮語マジギmajigiを漢字表記したもの。1斗落とは種子1斗をまく広さの耕地を指し,土地の所在(平野部か山間部か)や肥沃度により,その絶対面積は異なる。主として水田の面積表示に用いられ,李朝以後広く普及した。これとは別に畑地を中心として日耕とよばれる,牛1頭が1日に耕せる広さで表示する方法も用いられた。李朝末の日本人の調査によれば,水田1斗落は150坪から300坪に相当した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の斗落の言及

【結負制】より

…日本植民地下で朝鮮土地調査事業の完了に伴う1918年の改訂地税令によって廃棄され,日本式の町反・坪制に取って代わられた。なお民間では結負のほかに,穀物の播種量で面積を表示する斗落(とらく),牛1頭で1日に耕せる広さを表す日耕(じつこう)などの単位も用いられた。【宮嶋 博史】。…

※「斗落」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

斗落の関連キーワード諺文貫高朝鮮語シルム赤古里可住地宅地等比率可住地面積経営耕地面積耕地率耕地利用率

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone