コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斗落 とらく

世界大百科事典 第2版の解説

とらく【斗落】

朝鮮独特の耕地面積表示法。朝鮮語マジギmajigiを漢字表記したもの。1斗落とは種子1斗をまく広さの耕地を指し,土地の所在(平野部か山間部か)や肥沃度により,その絶対面積は異なる。主として水田の面積表示に用いられ,李朝以後広く普及した。これとは別に畑地を中心として日耕とよばれる,牛1頭が1日に耕せる広さで表示する方法も用いられた。李朝末の日本人の調査によれば,水田1斗落は150坪から300坪に相当した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の斗落の言及

【結負制】より

…日本植民地下で朝鮮土地調査事業の完了に伴う1918年の改訂地税令によって廃棄され,日本式の町反・坪制に取って代わられた。なお民間では結負のほかに,穀物の播種量で面積を表示する斗落(とらく),牛1頭で1日に耕せる広さを表す日耕(じつこう)などの単位も用いられた。【宮嶋 博史】。…

※「斗落」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報