コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

所在 ショザイ

デジタル大辞泉の解説

しょ‐ざい【所在】

物事が存在する所。ありか。また、人が居る場所。「責任の所在をはっきりさせる」「犯人の所在は不明です」
すること。行為。仕事。「所在がなくて退屈している」
身分。地位。境遇。
「―こそ出女(でおんな)なれ、お大名へも知られた関の小まんがてて親を」〈浄・丹波与作

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょざい【所在】

( 名 ) スル
物や人が存在すること。存在する場所。ありか。 「 -をつきとめる」 「どこにも-しない」 「 -地」
すること。しわざ。行為。 「此様な-をするも、どうぞして金をこしらへ/歌舞伎・韓人漢文」
身分。職業。境遇。 「 -こそ出女なれ/浄瑠璃・丹波与作
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

所在の関連キーワード所在国外移送目的略取及び誘拐罪太平洋津波警報センター被略取者所在国外移送罪ディレクトリーサービスカンタベリー所在不明の子SIPC非居住者LANLカウベル尋ね出すNTIANIMH業務分掌電気探査指物持ち総合目録国内取引所蔵調査所在地法

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

所在の関連情報