所在(読み)しょざい

精選版 日本国語大辞典「所在」の解説

しょ‐ざい【所在】

〘名〙
① (━する) あること。存すること。また、それがある所。ありか。すみか。
※将門記(940頃か)「時に新皇将門が前の陣、未だ敵の所在を知らざるを以て」
※越前竹人形(1963)〈水上勉〉一六「その分岐点に近い洲に所在したのが中書島遊廓である」 〔春秋左伝‐定公五年〕
② ここかしこ。ところどころ。
※日本外史(1827)二「当是時、除陸奥出羽外、尽係平氏所一レ管、所在源氏、皆為人所擯斥」 〔後漢書‐陳蕃伝〕
③ すること。しわざ。行為。ふるまい。
※浄瑠璃・烏帽子折(1690頃)三「しょくにんなれどゑぼし屋はお公家まじはり、上品たるしょざいにつれて気も至り」
④ 地位や身分。境遇。職業。
※評判記・難野郎古たたみ(1666頃)序「やらうはそのしょざいにてみをすぎ、ずいふんはなりふりをたしなみ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「所在」の解説

しょ‐ざい【所在】

物事が存在する所。ありか。また、人が居る場所。「責任の所在をはっきりさせる」「犯人の所在は不明です」
すること。行為。仕事。「所在がなくて退屈している」
身分。地位。境遇。
「―こそ出女でおんななれ、お大名へも知られた関の小まんがてて親を」〈浄・丹波与作
[類語]存在既存現存実在実存現在厳存げんそん存立そんする

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「所在」の解説

【所在】しよざい

すみか。その場所。〔後漢書、陳伝〕時に零陵・桂陽の山を爲す。~、上して之れに駮して曰く、~今二郡のも、亦た陛下赤子なり。赤子をしてを爲さしむるを致すは、在の貪、其れをしてらしむるに非ざるか。

字通「所」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android