コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斜行縄文 しゃこうじょうもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

斜行縄文
しゃこうじょうもん

斜縄文ともいう。土器文様の一種。原体の撚り紐を口縁に平行または垂直に回転施文すると,条の斜走する縄文が得られる。これを斜行縄文といい,縄目文様の最も基本的なものである。斜行縄文の右傾するものと左傾するものが交互に配置されると,羽状縄文になる。また原体の撚り紐を工夫することによって各種の文様ができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報