コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斜長斑岩 しゃちょうはんがんplagiophyre

岩石学辞典の解説

斜長斑岩

細粒の変質した半深成岩の岩石で,斑状でないかまれに斑状で,部分的に変質した短冊状の斜長石からなり,粒の間にはアルカリ長石と石英が充填している[Tyrrell : 1912].付随するマフィック鉱物は緑泥石や炭酸塩鉱物に変質しているので決められない.組織がオルソファイアに似ているが,正長石の代わりに斜長石を含む岩石である.スコットランド,アイルシャイア(Ayrshire)のカッリク丘(Carrick Hills)が代表的な岩名.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android