断層粘土(読み)だんそうねんど(英語表記)fault clay

デジタル大辞泉の解説

だんそう‐ねんど【断層粘土】

断層面に沿って岩石が細かに砕かれ、粘土状になったもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だんそうねんど【断層粘土】

断層面に沿って岩石が粉砕されてできた粘土。断層に伴って地下水や熱水が作用してできたものもある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の断層粘土の言及

【断層】より

… 断層面に沿って周囲の岩石が破砕されている場合,その部分を断層破砕帯または単に破砕帯と呼ぶ。破砕帯が角ばった岩石の破片から構成されている場合,それを断層角礫と呼び,粘土状物質から構成されている場合は断層粘土と呼ぶ。また,断層面が両側の岩盤の摩擦により磨かれて光沢をもっている場合は鏡肌(かがみはだ)と呼ばれる。…

※「断層粘土」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

断層粘土の関連情報