コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

断層角礫 ダンソウカクレキ

デジタル大辞泉の解説

だんそう‐かくれき【断層角×礫】

断層形成に伴い、岩石が破砕されて生じた角張った礫岩

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だんそうかくれき【断層角礫】

断層によって岩石が砕かれてできた角礫。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の断層角礫の言及

【断層】より

… 断層面に沿って周囲の岩石が破砕されている場合,その部分を断層破砕帯または単に破砕帯と呼ぶ。破砕帯が角ばった岩石の破片から構成されている場合,それを断層角礫と呼び,粘土状物質から構成されている場合は断層粘土と呼ぶ。また,断層面が両側の岩盤の摩擦により磨かれて光沢をもっている場合は鏡肌(かがみはだ)と呼ばれる。…

※「断層角礫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

断層角礫の関連キーワード黄玉ブロッケンフェルス動力変成作用自破砕角礫岩圧砕性礫質岩断層破砕帯圧砕角礫岩摩擦角礫岩構造角礫岩自破砕岩破砕帯角礫岩節理角礫鏡肌

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android