コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新改宗者 しんかいしゅうしゃneophyte

翻訳|neophyte

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新改宗者
しんかいしゅうしゃ
neophyte

初期キリスト教信者たちによって,もっぱら「最近に洗礼を受けた者」を比喩的にいうときに使われた言葉。 neophyteは「新たに植付けられた」という意味のギリシア語。おそらくは『ローマ人への手紙』6章4で,洗礼が新しい生命に生きることと解釈されているのに由来すると思われる。新約聖書にも1回 (テモテ1書3・6) 使われているほか墓碑銘にもよく使われている。それが拡張されて,新たに任命された聖職者や修練士をいい,ときには単に初心者の意味にも使われるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

新改宗者の関連キーワードシュウービーヤ運動西アジア史

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android