コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖職者 せいしょくしゃclericus; clergyman

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖職者
せいしょくしゃ
clericus; clergyman

キリスト教で一般信徒に対して司 (主) 教,司祭牧師そのほか教職にある者で,多くの教会では叙階式を受けた者をいう。使徒をはじめ教会のために特に奉仕する者の存在は新約聖書にもみられるが,神と人間の仲介をなす祭司階級については異論がある。聖職者と一般信徒の区別は2世紀に発達し,4世紀のコンスタンチヌス大帝が前者に特権と免役とを与えたことによって定着した。司教以下を「聖なる」職とする考えは後代の発想にかかるとされている。原語そのものには聖なる観念は本来ない。万人祭司説に立つプロテスタント教会では,ことさらに「聖なる」職務者はいない。またキリスト教以外の宗教,教育などほかの分野でも類比的に聖職者という言葉が使われる場合がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せいしょく‐しゃ【聖職者】

宗教上の聖職に就いている者。僧侶神職神父牧師など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せいしょくしゃ【聖職者】

一般に宗教教団のなかで,祭祀の執行,信徒の教育,教団の運営などを担当する教役者。ここではキリスト教の場合を扱う。聖職者の起源は必ずしも明らかでなく,またユダヤ教の祭司の権威と職能がどこまでキリスト教に受け継がれたかについても議論がある。すでに新約聖書のなかに監督(エピスコポス),長老(プレスビュテロス),執事(ディアコノス)の名称が見えているが,2世紀はじめのイグナティオスの書簡によれば,この3者がはっきり区別され,主教司祭助祭の3聖職の原型が成立していたと考えられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せいしょくしゃ【聖職者】

聖職にある者。神官・僧侶・主教・司祭・牧師など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

聖職者
せいしょくしゃ
clergy

それぞれの宗教制度・集団の信仰内容に基づいて、聖なる職務とみなされている信仰の広布、維持、教育などの仕事に専念する者を、一般に聖職者とよぶが、その範囲や職務内容はそれぞれの宗教によって異なっている。常識的には、教祖、教主、祭司、僧侶(そうりょ)、神職、神父、牧師、シャーマンなどがこれにあたる。聖職者として働くには、信仰対象である超越者の仲介者としての能力・権威(カリスマ)を広く認められるか、あるいは当の宗教に関する知識や儀礼業務の専門家として一般に公認される必要がある。前者には預言者、教祖、教主、シャーマン、祭司などがあり、後者にはプロテスタントの牧師、新宗教の説教師や法座主任などがある。今日では聖職者の資格も、前者より後者の形のものが強くなりつつある。[井門富二夫]

聖職者の職務

聖職者の職務を、各宗教ごとの差を無視してごく一般的に概括すると次のようになろう。すなわち、〔1〕信仰対象に対する祭祀(さいし)の執行と維持、〔2〕信者に対する教義教育(説教も含む)、〔3〕信者の義務である結婚、葬儀、入信儀礼(洗礼など)などの諸儀式の執行、〔4〕伝道、布教の指導、〔5〕戒律、教会法の執行、〔6〕預言、呪術(じゅじゅつ)、卜占(ぼくせん)などによる超越者と信徒の仲介、あるいは信仰に基づく救済職務(病気なおしなどの現世利益(りやく)的行為)、〔7〕宗教施設、祭儀用物品などの管理、〔8〕信仰を媒介とする人生相談(個人カウンセリングや法座のような集団討議)、〔9〕宗教集団の財務の執行、〔10〕修行、修道、などがそれにあたる。
 しかし現実には前述のように、それぞれの宗教ごとに、聖職者の範囲、種別、職階、職務が厳しく制定されているのが常で、教祖や高級祭司のように多様な職務権限をもつ者と、代表的には新宗教の説教師、布教者のように、儀礼執行の権限ももたず、単に説教や布教にあたるだけの聖職者もある。信仰上の特殊な霊能力・権威(カリスマ)をもつ者が前者で、後者はむしろ宗教専門家的存在にあたろう。一例をあげると、キリスト教のカトリックの場合、イエスから神と信徒の仲介者であるべき権限を与えられた使徒(のちにその後継者としての教皇、司教など)から叙階(じょかい)、授職された僧職のみが、公式に聖職者とみなされているが、彼らの間にも司教、司祭、助祭などの職階があって、それぞれに厳しく役割が定められている。プロテスタントの場合は、ルターが万人祭司説を採用して以来、一般には僧職と在俗信徒の間の身分的差別は薄らいだ。ごく常識的にみると、信仰告白の程度、信仰に関する学識などの資格が試されたのちに、教会により選任されることによって牧師、伝道師などとなる。要するにプロテスタント聖職者にあっては信仰上の教師もしくは宗教専門家の色彩が濃くなっている。
 仏教では、出家(しゅっけ)や信徒のすべてが僧伽(そうぎゃ)(仏となるための道を実践修行する人々の集団。さんが、教団)に参加した原始仏教は別として、中国や日本に移植されてのちは仏教が国教や公認宗教になった事情もあって、国家の官僚のように僧制、僧官制度が成立し、社会的権威を背景として僧職を特権階層とする状況が展開した。これが今日のわが国の本末制度(管長を頂点とする寺院階級制度)の伝統となり、出家は特別な職務・職階を認められている。
 まだまだ出発も新しく、全員布教を理想としていた新宗教では、当初は聖職者の範囲は不明瞭(めいりょう)であるが、教団の成長とともに「お役をもつ者」すなわち教団に専従の専門家、教師が現れ、しだいにその資格が法制化され、聖職者が出現するようになる。第二次世界大戦後に飛躍的成長を遂げた信徒の修行集団としての立正佼成会(りっしょうこうせいかい)や創価学会でもこのような区別が生じかけているが、ある程度歴史をもつと、洋の東西を問わず、たとえばアメリカの新宗教モルモン教のように、そのほとんどが教師としての聖職者をもつに至っている。
 なお世俗的には、学校教師(とくに初等・中等教育の教師)など、他人の利益のために奉仕するとみなされている職業の人を聖職者とよぶこともあるが、儒教の伝統の影響によると考えられている。しかしごく最近では、教師なども教育の専門職、専門家とみられるようになって、このような世俗的用法は薄れつつある。[井門富二夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の聖職者の言及

【アンシャン・レジーム】より

…これらの社団を大きく包み込むものとして,中世以来の伝統的な身分制秩序が受け継がれていた。第一身分としての聖職者clergé,第二身分としての貴族noblesse,そしてブルジョアジー以下の第三身分le tiers étatがそれである。革命前夜の総人口2600万のうち,聖職者は約12万,貴族は約35万にすぎないが,彼らは,王税を免除された特権階層を形成していた。…

【身分制社会】より


[法制上の諸身分]
 この社会の構造的な特徴の一つは,それぞれの個人がなんらかの身分集団に属するものとされ,いろいろな身分が一種の階層秩序(ヒエラルヒー)をなしているところにある。大きく分ければ,聖職者(僧侶),貴族,市民,農民という諸身分が一般的であるが,聖職者身分や貴族身分は,さらにその内部でいくつかの階層に編成されているのがふつうである。そして,おのおのの身分は独自の権利や名誉と結びつけられていたから,身分制社会は〈特権のシステム〉としての特徴をも示す。…

※「聖職者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

聖職者の関連キーワードクレーメンス・アウグスト ドロステ・ツー・フィッシャリングエティエンヌ・シャルル・ド ロメニー・ド・ブリエンヌフランソワ・クサヴィエ ラヴァル‐モンモランシーシャルル・マルシャル・アルマン ラヴィジェリオレスティーズ・オーガスタス ブラウンソンシャルル・ユージェーヌ フーコー(子爵)ヴァランタン・エスプリー フレシエクラウディウス アクアヴィーヴァエドワード スティリングフリートジェラード・マンリー ホプキンズヨハネス・バプティスタ クラウスリッチ エドムンド(エドマンド)ジャン‐バティスト デュ・アルドアンリ・ドミニーク ラコルデールミンゼンティ・ヨージェフ枢機卿クリストーフォロ マドルッツォフランソワ・デクス ラシェーズヨハネス(ヨーハン) ロンゲフランチェスコ カラッチョリバルトロメ・デ ラス‐カサス

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

聖職者の関連情報