初心者(読み)しょしんしゃ

精選版 日本国語大辞典「初心者」の解説

しょしん‐しゃ【初心者】

〘名〙
学芸武芸などを習いはじめたばかりの。未熟な人。
四河入海(17C前)二五「隅坐と云は、相対して囲碁処に、其そばにをるを云ぞ〈諸事に初心者は如此ぞ」
※通学物語(1941)〈渋沢秀雄〉わが演劇交友録「スキーのいでたちは事の外似合って、どうしても初心者とは受け取れなかった」

しょしん‐もの【初心者】

〘名〙 なれないもの。うぶなもの。しょしんしゃ。
※評判記・色大鏡(1678)二「おとこよりやりかくる事、初心者(ショシンモノ)や田舎もののする事にて、道者(みちしゃ)の好む所にあらず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android