コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新発田収蔵 しばた・しゅうぞう

1件 の用語解説(新発田収蔵の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

新発田収蔵

没年:安政6.4.10(1859.5.12)
生年:文政3.6.26(1820.8.4)
江戸後期の地理学を得意とした蘭方医,篆刻家。佐渡宿根木(新潟県佐渡郡小木町)生まれ。名は耘,字は士登,号は拗斎,半嶋漁人。姓は本来柴田。少年時代佐渡の石井夏海,文海父子に絵画,篆刻を,のち江戸の中根半仙,伊東玄朴に医術を学び,郷里で開業したが,潔癖,頑固が災いして孤立化した。嘉永3(1850)年再び玄朴の塾生となり,念願の地図作製に励み,同5年『新訂坤輿略全図』,同7年『蝦夷接壞全図』を刊行し,江戸幕府の天文方雇として安政2(1855)年の官版『重訂万国全図』の完成にも貢献した。同3年蕃書調所絵図調出役に任ぜられ,在職中に死去(酒害による)。墓は宿根木称光寺にある。<参考文献>田中圭一編『柴田収蔵日記』

(海野一隆)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新発田収蔵の関連キーワード張澹祗園井特自然地理学生物地理学地理学動物地理学リッター輿地誌略窮理学西村鹿銜

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone