新短期プライムレート(読み)しんたんきプライムレート(英語表記)new short-term prime rate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新短期プライムレート
しんたんきプライムレート
new short-term prime rate

新短プラともいう。市場金利に連動した最優遇貸出し金利。最も信用力のある企業に対する貸出し金利で,規制金利預金のほか市場性資金調達分も含めた総調達コストをベースに,金融環境などを総合的に判断して決定される。従来の短期プライムレート (短期貸出し標準金利) は公定歩合に連動していたが,金利自由化の進展や,これに伴う自由金利調達比率の上昇などを背景に金利変動リスクも高まったことから,1989年1月に都市銀行などが先陣を切って,金利の実勢をより反映して弾力的に変動する新短期プライムレートを導入した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android