コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公定歩合 こうていぶあい

12件 の用語解説(公定歩合の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

公定歩合

中央銀行が民間の金融機関に対して貸し出しを行う際に適用される基準金利。公定歩合の変更は、民間の銀行からの貸出金利コールレートに影響を与える。景気が過熱しているときには、公定歩合を引き上げることで、企業の金利負担は増大し、資金需要を減退させる。景気が低迷しているときには、公定歩合を引き下げることで、資金需要を活発化させて、景気を押し上げる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

公定歩合

日本銀行から民間金融機関に対して信用供与(貸し出し)を行う際に適用される基準金利。貸し出しは、手形割引(商業手形その他の手形の再割引)や手形貸し付け(国債や手形等を担保とした貸し付け)等で行われるが、一般に前者の商業手形割引率を指す。公定歩合の決定・変更は、日銀政策委員会の専決事項(日本銀行法第15条)。公定歩合の変更は金融機関の資金調達コストに直接影響し、各金融機関の貸出金利にも影響し、企業の投資や家計の消費を刺激・抑制するコスト効果や、金融政策の基本的スタンスの変更として受け止められるアナウンスメント効果があるとされてきた。しかし、1994年の金利自由化預貯金金利との制度的な連動性がなくなり、96年には金融調節の手段には用いないとされ、政策金利としての地位は低下した。ただし2001年3月にはロンバート型貸し出し制度(あらかじめ明確に定めた条件のもと、金融機関からの借り入れ申し込みを受けて受動的に実行する貸付制度)が開始され、公定歩合にはコールレートの変動の上限を画するという新しい機能が付与されている。

(吉川満 (株)大和総研常務理事 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうてい‐ぶあい〔‐ブあひ〕【公定歩合】

中央銀行(日本では日本銀行)が市中の金融機関に対して貸し出しを行う際に適用する基準金利。これの変更は資金調達コストの変動を生み、企業・個人の経済活動に影響を及ぼす。日銀は平成18年(2006)8月からこの名称を廃止し、「基準割引率および基準貸付利率」と呼ぶとした。
[補説]かつては日銀が操作する政策金利として重要であったが、民間銀行の金利自由化に伴い形骸化し、日本の政策金利は公定歩合から無担保コールレート翌日物の誘導目標金利(O/N Call Rate Target)に移行した。→コールレート

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

公定歩合【こうていぶあい】

中央銀行がその取引先金融機関に対して行う割引・貸付の利率。一国の金利水準の基準であり,中央銀行は公定歩合を上下させて景気の調節を行う。公定歩合は割引手形や担保の種類によって幾種類もあるが,商業手形の割引歩合が代表的なものであり,他の公定歩合はこれとの関連で決められる。
→関連項目金利政策コール・レート市中金利日銀政策委員会三重野康連邦準備制度

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

株式公開用語辞典の解説

公定歩合

日本銀行が、市中銀行(都市銀行地方銀行第二地銀)などに貸付けをおこなう際に適用する基準金利のこと。政策金利の一つ。公定歩合の変更は、中央銀行の金融政策の中で最もオーソドックスな方法である。公定歩合を変更すると、金融活動や経済活動に対し、「コスト効果」と「アナウンスメント効果」をもたらすといわれている。

出典|株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かんたん不動産用語解説の解説

公定歩合

日本銀行から民間金融機関等への貸出金の基準金利のこと。公定歩合の高低は銀行の借入金に影響し、それが銀行の貸出金利に波及するなど市中金利に大きな影響 を与える。景気調整の為の金融政策として、この影響を利用して公定歩合を上げたり下げたりすること(公定歩合操作)がたびたび行われている。

出典|(株)ネクストコーポレーション
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワイジェイFX用語集の解説

公定歩合

中央銀行が民間の金融機関に対して貸出を行う際に適用する基準金利の事を言います。

出典|ワイジェイFX株式会社
Copyright © 2003-2014 YJFX, Inc. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。
尚、本件サービスの利用に際し、実際に外国為替証拠金取引(FX)の取引を行う場合は、自己の責任において行うようお願い致します。また、取引について発生した損害について弊社は一切保証致しません。

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

公定歩合

日本銀行(中央銀行)が民間金融機関(市中銀行)に貸し出しを行う際の金利のこと。 以前は公定歩合を変更することにより、通貨量の安定化が図られていた。例えばインフレの場合は、公定歩合を引き上げることで金融機関の金利も上がるので、資金需要は抑制される。一方デフレの場合は、公定歩合を引き下げることによって資金需要が促される。 しかし、金利の自由化やグローバル化の進展に伴ってその効果が薄れたため、現在は公定歩合ではなく、コール市場の金利が金融政策による操作の対象となっている。

出典|ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうていぶあい【公定歩合 official discount rate】

中央銀行が銀行などの市中金融機関に貸出しを行う際の貸出金利のことで,金融政策全般の方向を示すシグナルとして重視される。日本では,日本銀行が都市銀行などの所有する手形を期限前に買い取ったり(再割引),債券等を担保に貸出しを行うことを通じ,市中に資金を供給する際に適用される基準レートが公定歩合である。具体的には,現在,(1)商業手形割引歩合,(2)輸出貿易手形割引歩合,(3)輸出貿易手形担保貸付利子歩合,(4)国債またはとくに指定する債券担保の貸付利子歩合,(5)その他のものを担保とする貸付利子歩合,(6)当座利子貸越歩合をさす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうていぶあい【公定歩合】

一国の中央銀行(日本では日本銀行)が、市中金融機関に貸し出しを行う際に適用される基準金利。2006 年以降「基準割引率および基準貸付利率」に名称変更。 〔かつて公定歩合の引き上げ・引き下げは、市中の通貨量や金利を調節する手段とされたが、金利の自由化が完了し、金融市場で金利を調整する役割はなくなった〕 → 政策金利

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公定歩合
こうていぶあい
discount rate

中央銀行が金融機関に対して手形割引や貸し付けを行なう場合に適用する基準金利。金融市場の標準的金利として一般市場金利に大きな影響力をもっており,中央銀行は通貨価値の安定をはかるため公定歩合の変更を行なう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

公定歩合
こうていぶあい

日本銀行が民間金融機関に貸し出す際に適用された基準金利。2006年(平成18)8月からは名称を「基準割引率および基準貸付利率」に変更した。
 公定歩合は、金融システムの動揺を食い止めるために、最後の貸手機能を発揮して日本銀行政策委員会において決定される。高度成長時代には、人為的低金利政策の下で資金不足に悩まされていた民間金融機関、とくに都市銀行がオーバーローンに陥り、日本銀行貸出に恒常的に依存していた。日本銀行貸出利率であるその変更は、民間金融機関の預金金利や貸出金利に直接影響を与える資金コスト効果が大いに発揮され、金融政策のスタンスを示す政策金利であった。金融自由化以降は、民間の日本銀行に対する信認を基に、日本銀行が景気の状況をどのように判断しているかを表すアナウンスメント効果が重視され、信用秩序の維持のための緊急措置的手段となっている。2001年3月から補完貸付(ロンバート型貸付)制度が導入され、あらかじめ定められた条件を満たす限り、金融機関が望むだけ短期資金を借り入れられる基準金利となった。
 公定歩合は2001年9月に過去最低水準の0.1%となったが、2006年7月に0.4%へ約5年ぶりに引き上げられ、同年8月からは政策金利の意味が消滅したのに伴い、名称を「基準割引率および基準貸付利率」に変更された。
 金融自由化後の市中金利はコールの需給で決められるようになり、市中金利の基準金利の役割は消滅し、コールレートの上限金利となった。2007年2月から0.75%に変更され、2008年10月に0.5%、12月からは0.3%に相次いで引き下げられた。金融危機の際に適用される日本銀行特別融資は基準貸付利率に0.5%上乗せした金利が設定される。[金子邦彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の公定歩合の言及

【金利】より


[種類]
 日本における代表的な金利には以下のようなものがある。(1)公定歩合 日本銀行が民間金融機関に貸出しする場合の金利で,日本銀行政策委員会によって決定される。この金利を操作することを含めて日本銀行の対民間貸出しを操作することを金利政策,公定歩合政策あるいは貸出政策といい,金融政策の重要な手段となっている。…

【再割引】より

…再割引適格商業手形は,販売の目的で買い入れた商品の代金決済のために振り出された約束手形または為替手形であって,再割引の日から3ヵ月以内に満期が到来すること,割引依頼人(取引先金融機関)のほか,支払能力確実なもの1名以上の裏書があることが要件とされている。なお,日本銀行の再割引および手形貸付けに付される金利は公告されることになっており,公定歩合と呼ばれている。【池田 直人】。…

【日本銀行[株]】より


[金融政策の運営]
 日銀は通貨価値の安定を政策目標としている。そのための金融政策手段として,公定歩合操作,債券・手形オペレーション,準備預金制度による預金準備率の変更操作のほか,必要に応じて金融機関に対する指導・説得(窓口規制)を実施している。公定歩合操作についてみると,公定歩合の変更は,民間金融機関の資金調達コストを左右するコスト効果をもつほか,経済の先行き見通しに関する中央銀行の見解の変更を示唆するアナウンスメント効果をもつ。…

※「公定歩合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

公定歩合の関連キーワード政府系金融機関日銀特融再割引政府金融機関共同債権買取機構信用機関信用供与危機対応融資金融不安民間金融機関

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

公定歩合の関連情報