於保 不二雄(読み)オホ フジオ

20世紀日本人名事典の解説

於保 不二雄
オホ フジオ

昭和・平成期の弁護士 京都大学名誉教授。



生年
明治41(1908)年1月22日

没年
平成8(1996)年1月14日

出生地
佐賀県

学歴〔年〕
京都帝国大学法学部〔昭和7年〕

学位〔年〕
法学博士

主な受賞名〔年〕
勲二等旭日重光章〔昭和54年〕,文化功労者〔平成7年〕

経歴
京都帝大法学部助手となり、昭和8年“滝川事件”で辞職。立命館大学助教授、京都大学助教授を経て、18年教授、34年法学部長、のち名誉教授。退官後は弁護士として活躍。主著に「民法総則講義」「財産管理権論序説」「家族制度論」「親子」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる