既存不適格(読み)キソンフテキカク

デジタル大辞泉の解説

きそん‐ふてきかく【既存不適格】

建築時の法律に基づいて建てられた建物が、その後の法改正や都市計画の変更により、現行法の基準を満たさなくなった状態。
[補説]そのまま使い続けても違法ではないが、増改築を行う際には、現行の法令に適合させる必要がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

既存不適格の関連情報