コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

既存宅地確認制度

1件 の用語解説(既存宅地確認制度の意味・用語解説を検索)

農林水産関係用語集の解説

既存宅地確認制度

都市計画法に基づき、市街化調整区域内の土地であっても、市街化区域に隣接又は近接し、市街化区域と同一の日常生活圏を構成する一定規模以上の集落内(おおむね50戸以上が連担)にあり、市街化調整区域に設定された時点で既に宅地となっていること等が確認された土地については、建築許可を受けずに建築行為が行える制度。なお、平成12年の都市計画法改正により、同制度は廃止された。

出典|農林水産省
農林水産関係用語集について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone