コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

既存宅地確認制度

1件 の用語解説(既存宅地確認制度の意味・用語解説を検索)

農林水産関係用語集の解説

既存宅地確認制度

都市計画法に基づき、市街化調整区域内の土地であっても、市街化区域に隣接又は近接し、市街化区域と同一の日常生活圏を構成する一定規模以上の集落内(おおむね50戸以上が連担)にあり、市街化調整区域に設定された時点で既に宅地となっていること等が確認された土地については、建築許可を受けずに建築行為が行える制度。なお、平成12年の都市計画法改正により、同制度は廃止された。

出典|農林水産省
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

既存宅地確認制度の関連キーワード市街化区域市街化調整区域都市計画法都市計画区域都市計画道路生産緑地地区公法上の規制線引き(区域区分)大型店の出店規制都市計画法と線引き

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone