コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

既白寿采 きはく じゅさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

既白寿采 きはく-じゅさい

?-? 江戸時代前期の画僧。
臨済(りんざい)宗。元禄(げんろく)(1688-1704)ごろの人。伯蒲恵稜(はくほ-えりょう)の法をつぎ,京都妙心寺の住僧となる。修行のかたわら,松花堂昭乗(しょうかどう-しょうじょう)風の絵をかいた。別号に特英,長徳山主。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

既白寿采の関連キーワード寿采画僧臨済

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android