日吉小次郎(読み)ひよし こじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日吉小次郎 ひよし-こじろう

1881-1949 明治-昭和時代の農事改良家。
明治14年11月22日生まれ。宮崎県恒富村(つねとみむら)農会技手となり,水田耕地の整理のため耕地整理組合を結成。大正14年には現在の延岡市や門川町の水田に水稲品種九州8号を導入して,県下初の晩稲晩化栽培に成功した。昭和8年延岡市農会会長。昭和24年3月1日死去。69歳。宮崎県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android