コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日干し煉瓦 ひぼしれんがsun-dried clay brick

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日干し煉瓦
ひぼしれんが
sun-dried clay brick

粘土を型に入れ,日光で乾かした建築材。大きさはさまざまであるが,型は方形のものが多い。古代のペルシアメソポタミアエジプト,地中海沿岸,中国などで広く使用されてきた。南アメリカではアドベ adobeと呼ばれ,現在も先住民家屋に使われ,中国奥地の乾燥地域でも壁材として残っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日干し煉瓦の関連キーワードホヤ・デ・セレン遺跡クーヘ・ホージャ遺跡チャンフー・ダロ遺跡アイットベンハドゥサンブラス教会モンテアレグレワカワヤマルカクサールハッジパレドネス遺跡預言者のモスクアッシリア美術チャンカイ文化トゥクメ遺跡ヒロキティアモチーカ文化チャンチャン七尾瓦窯跡太陽のワカガダーミストンブクツ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android