コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本ビデオ倫理協会 ニホンビデオリンリキョウカイ

デジタル大辞泉の解説

にほん‐ビデオりんりきょうかい〔‐リンリケフクワイ〕【日本ビデオ倫理協会】

成人向けビデオの内容のわいせつ度を審査するため、昭和47年(1972)に設立された自主審査機関。平成19年(2007)、審査が不十分として警視庁捜査を受け、平成20年(2008)に審査業務を終了した。同業務は一般社団法人日本映像倫理審査機構継承通称ビデ倫

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日本ビデオ倫理協会

通称ビデ倫。72年、当時のアダルトビデオ制作3社を中心に設立された会員制の審査機関。映画の「映倫管理委員会」(映倫)を参考に規約や審査基準を作ったとされ、役員や審査員の大半を映画会社出身者が占める。現在の会員数約90社。憲法学者やマスコミOBによる評議員会がある。今回の強制捜査を受け、新たに「有識者会議」を設置、審査制度の見直し作業を進めている。

(2008-03-01 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android