コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本法制史 にほんほうせいし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本法制史
にほんほうせいし

日本における法の歴史そのものを意味するが,またこれに関する学問,すなわち日本法制史学を意味する場合もある。後者は日本における法の発展を叙述し,その原因を説明する学問で,歴史学の一分野である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本法制史の関連キーワードパテルノストロ滝川 政次郎石尾 芳久高柳 真三猪熊 兼繁ウィグモア石井 良助御触書集成三浦 周行熊谷 開作池辺 義象滝川政次郎原田慶吉中田 薫池辺義象文化勲章牧 健二石井良助高柳真三三浦周行

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本法制史の関連情報