コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本法制史 にほんほうせいし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本法制史
にほんほうせいし

日本における法の歴史そのものを意味するが,またこれに関する学問,すなわち日本法制史学を意味する場合もある。後者は日本における法の発展を叙述し,その原因を説明する学問で,歴史学の一分野である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本法制史の関連キーワードパテルノストロ滝川 政次郎猪熊 兼繁高柳 真三ウィグモア池辺 義象石井 良助御触書集成三浦 周行熊谷 開作石尾 芳久滝川政次郎中田 薫原田慶吉文化勲章池辺義象高柳真三石井良助唐令拾遺牧 健二

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本法制史の関連情報