コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本飛行機 にっぽんひこうき

1件 の用語解説(日本飛行機の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本飛行機
にっぽんひこうき

航空機の胴体,翼など構造部材や部品の製造,ならびに機体整備を主事業とする企業。前身の (旧) 日本飛行機は 1934年に設立,第2次世界大戦中は海軍機や「赤とんぼ」と呼ばれた九三式陸上中間練習機の製作にあたった。戦後は航空機部門が閉鎖されて日飛産業と改称,1949年日飛モータースとなって,自動車の修理やアメリカ海軍機の整備を行なった。 1953年に新日本飛行機と改称,1956年に現社名となる。川崎重工業系で,主力戦闘機F-15J,対潜哨戒機P-3Cなどの整備作業を手がけて防衛庁関連の比重が高かったが,しだいに民間機の分野も拡大してボーイングエアバス旅客機部品,標的システムロケット部品,宇宙機器,工業用ファンおよび海洋機器の製造にあたっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本飛行機の関連情報