日比野信一(読み)ひびの しんいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plus 「日比野信一」の解説

日比野信一 ひびの-しんいち

1888-1968 大正-昭和時代の植物学者。
明治21年4月23日生まれ。大正10年東北帝大教授。昭和4年台北帝大教授となり,のち金沢大教授,名城大学長,西日本短大学長をつとめた。昭和43年2月18日死去。79歳。東京出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android