コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日神 にちじん

大辞林 第三版の解説

にちじん【日神】

日の神。特に、天照大神あまてらすおおみかみのこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の日神の言及

【天照大神】より

…同時に右目からは月読命(つくよみのみこと)が生まれた。《日本書紀》には,〈光華(ひかり)明彩にして六合(くに)の内に照り徹れる〉とあり,日神(ひのかみ)ともよばれている。誕生譚では,日月がいわば天の目にたとえられているわけである。…

※「日神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日神の関連キーワードアマテラスオオミカミ(天照大神)三重県津市美杉町太郎生神皇産霊尊・神魂命豊宇気毘売神天孫降臨神話天之御中主神酢香手姫皇女八十枉津日神高御産巣日神早吸日女神社山崎豊(2)神皇産霊尊手刀を切る日神不動産天御中主神高皇産霊尊大禍津日神東京大神宮神国思想愛宕神社

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日神の関連情報