淡路(読み)あわじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

淡路
あわじ

兵庫県南部,淡路市北端の旧町域。淡路島の北端に位置する。 1956年岩屋町,仮屋町の2町と浦村,釜口村の2村が合体して成立。 1961年岩屋町を除く旧3町村が東浦町として分離。 2005年津名町,北淡町,一宮町,東浦町の4町と合体して淡路市となった。中心集落の岩屋は,明石海峡に面する島の北の玄関口で古くからの交通の要地。 1977年に岩屋新港が誕生。周辺は万葉の昔から知られた大和島,絵島,松帆の浦などの景勝地が多く,一部は瀬戸内海国立公園に属する。丘陵地は大阪湾の埋立て用土砂の採取で変容。近年は漁業に代わって米,野菜,果樹の栽培が行なわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あわじ〔あはぢ〕【淡路】

旧国名の一。現在の兵庫県淡路島淡州(たんしゅう)。
兵庫県南部、淡路島の北半を占める市。明石海峡大橋で本州と接続。神戸淡路鳴門自動車道が縦貫する。平成17年(2005)4月に津名町、淡路町、北淡(ほくだん)町、一宮町、東浦町が合併して成立。人口4.6万(2010)。
謡曲。脇能物観世金春(こんぱる)金剛流観阿弥作。神代の古跡の淡路で、臣下の前に伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の神霊が現れて歌舞を奏する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あわじ【淡路】

旧国名の一。兵庫県淡路島全島に相当。淡州たんしゆう
兵庫県南部、淡路島北部の市。明石海峡大橋で神戸市と結ばれ、淡路島の玄関口。漁業・水産加工業のほか、果樹栽培も盛ん。1995年(平成7)の阪神淡路大震災により出現した野島断層を保存・展示する北淡震災記念公園がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

淡路
あわじ

兵庫県淡路島北端、津名(つな)郡にあった旧町名(淡路町(ちょう))。現在は淡路市の北東端を占める一地区。1956年(昭和31)岩屋町、釜口(かまぐち)村、仮屋(かりや)町、浦村が合併して成立。淡路島の玄関口であるため淡路町とした。1961年には仮屋、釜口、浦の3地区が分立して東浦(ひがしうら)町となった。2005年(平成17)一宮(いちのみや)、津名、東浦、北淡(ほくだん)の4町と合併して市制施行、淡路市となる。国道28号が通じ神戸淡路鳴門(なると)自動車道の淡路インターチェンジがある。中心集落の岩屋は平安時代からの海港で、明石(あかし)海峡で相対する明石市とは高速船の連絡があり、神戸市舞子とは明石海峡大橋が通じる。タイ、タコの漁獲で知られ、ノリの養殖が盛んである。海岸には絵島、松帆(まつほ)の浦など景勝地が多い。大阪湾や播磨灘(はりまなだ)が見渡せる展望台を備えた県立淡路島公園がある。また2000年に行われた淡路花博の跡地に国営明石海峡公園(淡路地区)がつくられている。[吉田茂樹]
『『淡路町風土記』(1971・淡路町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あわじ あはぢ【淡路】

[1]
[一] 南海道六か国の一つ。瀬戸内海東部にある淡路島全体をいう。古代より荘園が多くおかれ、中世には佐々木、長沼、細川、三好の諸氏が支配。近世は池田氏、のち蜂須賀氏の領国となる。明治四年(一八七一)の廃藩置県により大半が名東(みょうどう)県(徳島県)に属したが、同九年に兵庫県に編入。淡州。
[二] 兵庫県南部、淡路島の地名。島の北部を占める。明石海峡大橋で神戸市と結ばれる。平成一七年(二〇〇五)市制。
[三] 謡曲。脇能物。観世、金春、金剛流。世阿彌作か(曲舞は観阿彌作曲)。別名「楪葉(ゆずりは)」。臣下が神代の古跡の淡路を訪れると、伊邪那岐命が現われて国土創成のさまを見せ、御代をことほぐ。
※雑俳・柳多留‐五二(1811)「うろ覚へあわぢを崩しこまってる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

淡路の関連情報