コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

淡路 あわじ

4件 の用語解説(淡路の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

淡路
あわじ

兵庫県南部,淡路市北端の旧町域。淡路島の北端に位置する。 1956年岩屋町,仮屋町の2町と浦村,釜口村の2村が合体して成立。 1961年岩屋町を除く旧3町村が東浦町として分離。 2005年津名町,北淡町,一宮町,東浦町の4町と合体して淡路市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あわじ〔あはぢ〕【淡路】

旧国名の一。現在の兵庫県淡路島。淡州(たんしゅう)。
兵庫県南部、淡路島の北半を占める市。明石海峡大橋で本州と接続。神戸淡路鳴門自動車道が縦貫する。平成17年(2005)4月に津名町、淡路町、北淡(ほくだん)町、一宮町、東浦町が合併して成立。人口4.6万(2010)。
謡曲。脇能物観世金春(こんぱる)金剛流観阿弥作。神代の古跡の淡路で、臣下の前に伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の神霊が現れて歌舞を奏する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あわじ【淡路】

旧国名の一。兵庫県淡路島全島に相当。淡州たんしゆう
兵庫県南部、淡路島北部の市。明石海峡大橋で神戸市と結ばれ、淡路島の玄関口。漁業・水産加工業のほか、果樹栽培も盛ん。1995年(平成7)の阪神淡路大震災により出現した野島断層を保存・展示する北淡震災記念公園がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

淡路
あわじ

兵庫県淡路島北端、津名(つな)郡にあった旧町名(淡路町(ちょう))。現在は淡路市の北東端を占める一地区。1956年(昭和31)岩屋町、釜口(かまぐち)村、仮屋(かりや)町、浦村が合併して成立。淡路島の玄関口であるため淡路町とした。1961年には仮屋、釜口、浦の3地区が分立して東浦(ひがしうら)町となった。2005年(平成17)一宮(いちのみや)、津名、東浦、北淡(ほくだん)の4町と合併して市制施行、淡路市となる。国道28号が通じ神戸淡路鳴門(なると)自動車道の淡路インターチェンジがある。中心集落の岩屋は平安時代からの海港で、明石(あかし)海峡で相対する明石市とは高速船の連絡があり、神戸市舞子とは明石海峡大橋が通じる。タイ、タコの漁獲で知られ、ノリの養殖が盛んである。海岸には絵島、松帆(まつほ)の浦など景勝地が多い。大阪湾や播磨灘(はりまなだ)が見渡せる展望台を備えた県立淡路島公園がある。また2000年に行われた淡路花博の跡地に国営明石海峡公園(淡路地区)がつくられている。[吉田茂樹]
『『淡路町風土記』(1971・淡路町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

淡路の関連キーワード淡路国播磨兵庫県淡路市岩屋兵庫県淡路市浦兵庫県淡路市尾崎兵庫県淡路市草香兵庫県淡路市里兵庫県淡路市佐野兵庫県淡路市多賀兵庫県淡路市南鵜崎

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

淡路の関連情報