コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日高敏隆 ひだか としたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日高敏隆 ひだか-としたか

1930-2009 昭和後期-平成時代の動物行動学者。
昭和5年2月26日生まれ。東京農工大教授をへて,昭和50年京大教授となる。平成7年滋賀県立大学長,13年総合地球環境学研究所所長,京都市青少年科学センター所長。チョウの行動生理学的研究から一般の動物行動学にすすむ。翻訳家としても知られる。日本昆虫学会会長,日本動物行動学会会長をつとめた。平成21年11月14日死去。79歳。東京出身。東大卒。著作に「チョウはなぜ飛ぶか」,訳書ドーキンス「利己的な遺伝子」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

日高敏隆【ひだかとしたか】

昆虫生理学者・動物行動学者。東京都生れ。東京大学理学部動物学科卒業。初め昆虫を材料とした生理学的研究(昆虫生理学)を行い,次第に動物行動学に進んでいく。東京農工大学教授,京都大学教授,滋賀県立大学初代学長を歴任し,京都大学名誉教授。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日高敏隆の関連キーワードローレンツ(Konrad Zacharias Lorenz)ファーブル(Jean Henri Fabre)モリス(Desmond Morris)ホール(Edward T. Hall)テイヤール・ド・シャルダン縄張り(動物、人間)ディスプレーユクスキュル春の数えかたエソロジーケストラー奥井 一満行動生態学体色争う擬態

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日高敏隆の関連情報