コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早合 ハヤゴウ

デジタル大辞泉の解説

はや‐ごう〔‐ガフ〕【早合】

火薬を詰めた紙製の小さい筒。昔、小銃の弾丸を発射させるのに用いた。現在でいう薬莢(やっきょう)のこと。早具(はやご)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はやごう【早合】

火縄銃など先込め銃に用いる火薬入れの筒。装塡そうてん時間の短縮のために、一発分の黒色火薬を入れたもので、竹・紙・角つのなどで作る。火薬とともに弾丸一個を入れておく場合もある。はやご。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

早合の関連キーワード早呑み込み・早吞み込み五柳亭徳升アイゲウス早呑み込み聾の早耳先込め銃早とちりシロギス黒色火薬火縄銃掛川藩富士山ヒラメ平景清旅学問太早計早合点酒振り鐘の音糠喜び

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android