早野 凡平(読み)ハヤノ ボンペイ

新撰 芸能人物事典 明治~平成「早野 凡平」の解説

早野 凡平
ハヤノ ボンペイ


職業
ボードビリアン

本名
松本 光弘

生年月日
昭和15年 2月21日

出生地
東京都

学歴
日本大学芸術学部演劇科中退

経歴
新宿松竹演芸場に研究生として出入りするうちコメディアンに転じ、キャバレー回りも経験。作詞・作曲に楽器はたいていのものをこなす一方、テレビの子ども番組やミュージカルにも出演している。昭和42年帽子を巧みに使った芸“ホンジャマーの帽子”で一世を風靡した。また、ロンドンの「ミスタールーニー・バース・チャンピオン大会」に出場し、日本人で初めてバスカーズ(旅芸人)のライセンスを取得した。

所属団体
東京演芸協会

受賞
芸術祭賞優秀賞〔昭和55年〕

没年月日
平成2年 5月3日 (1990年)

伝記
芸人の了見ゆかいなゆかいな英雄たち 吉川 潮 著佐藤 健 著(発行元 河出書房新社毎日新聞社 ’04’87発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android