コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星の等級 ほしのとうきゅうmagnitude

翻訳|magnitude

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

星の等級
ほしのとうきゅう
magnitude

実際に目に見える見掛けの明るさを実視等級,星を 10パーセク (32.6光年) の距離においたときの明るさを絶対等級という。等級は数が小さいほど明るく,5等級違うと明るさは 100倍違う。肉眼で見えるのは6等級まで。太陽の実視等級は-26.8等級,満月は-12.5等級,全天で一番明るい星シリウスは-1.6等級。しかし,太陽の絶対等級は 4.8等級で,ごく普通の星にすぎない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

星の等級の関連キーワードポグソン尺度(星の等級)プラネタリウムハーシェルリービット天頂出現数極限等級星空観察色指数

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android