コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実視等級 ジッシトウキュウ

百科事典マイペディアの解説

実視等級【じっしとうきゅう】

眼視等級とも。望遠鏡を通して肉眼に感ずる明るさから決めた天体の等級。パンクロ乾板に黄色フィルター等を組み合わせた写真で代用。現在では反射鏡に黄色フィルターを通した光を光電倍増管で測定。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

じっしとうきゅう【実視等級】

天体の明るさを人間の目の感度と同じ波長特性の検出器で測った等級。
(稀に)みかけの等級。 → 等級

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の実視等級の言及

【恒星】より

…表2は全天の星の数を明るさの等級別に示したものである。表の中で,実視等級8とあるのは7.5等から8.4等まで四捨五入した値である。表3には同様にして決めた各写真等級1等級当りの星の数を銀河面からの各緯度における一平方度当りについて示した。…

【等級】より

…そのエネルギー分布に,大気,光学系,フィルター,受光器などの感度分布をかけあわせて星の明るさが測定される。実視等級は目の感度分布で見た星の明るさで,パンクロ乾板に黄色フィルターをかけた写真で代用する。写真等級は非整色乾板の写真で測った明るさの等級である。…

※「実視等級」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

実視等級の関連キーワードプロキシマケンタウリケンタウルス座α星アルクトゥールスフォーマルハウトおおいぬ座β星プラスケット星エンケラドスバーナード星アルデバランアルキュオネコル・カロリくじゃく座アルゲニブアルビレオカノープス亜鈴型星雲ぎょしゃ座うみへび座アケルナー放射補正量