コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星形成領域 ホシケイセイリョウイキ

デジタル大辞泉の解説

ほしけいせい‐りょういき〔‐リヤウヰキ〕【星形成領域】

星間空間の分子雲の高密度領域が重力的に不安定になって収縮し、原始星が生まれつつある領域。中心部にガスや塵が集まって円盤状になり、双極分子流と呼ばれる激しい質量放出を伴う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

星形成領域の関連キーワードスピッツァー宇宙望遠鏡ハーシェル宇宙望遠鏡ハービッグハロー天体渦状構造密度波理論分子雲コアガス星雲双極星雲電波天体星間空間双子星

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android