コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

双極分子流 ソウキョクブンシリュウ

1件 の用語解説(双極分子流の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そうきょく‐ぶんしりゅう〔サウキヨクブンシリウ〕【双極分子流】

星形成領域見られる分子流。ガスや塵が原始星に集まって円盤状になり、円盤と垂直な方向(原始星の回転軸の両極方向)に細く絞られた原始星ジェットを形成し、原始星から離れるに従い、周囲の物質を引きずって低温・高密度な分子流となる。速度は毎秒10キロメートル程度で、激しい質量放出を伴う。この二次的に形成された双極分子流原始星ジェットと呼ぶこともある。分子双極流双極ガス流バイポーラーフロー。バイポーラーアウトフロー。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

双極分子流の関連キーワード星雲単原子分子塵がまし原始星円盤双極ガス流双極星雲ハービッグハロー天体星形成領域原始星ジェットガス・ピット

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone