コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

映像増倍管 えいぞうぞうばいかん image intensifier

翻訳|image intensifier

1件 の用語解説(映像増倍管の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

えいぞうぞうばいかん【映像増倍管 image intensifier】

入射光により光電面から放出された光電子を加速,集束して蛍光面に結像,発光させ,光学像を得る真空管(図1)。イメージインテンシファイア(略称I.I.)またはイメージ管とも呼ぶ。微弱光の輝度増倍や,不可視光像を可視像に変換する機能をもち,後者は像変換管とも呼ぶ。暗視用,学術研究,医療用などに使う。暗視用イメージインテンシファイアは高感度のマルチアルカリ光電面や,赤外用Ag‐O‐Cs光電面を用い,入出力面にファイバープレートを使用し2~3個連結して高感度を得るものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

映像増倍管の関連キーワード光電子増倍管外部光電効果光電管光電子自由電子光電陰極光電子放出アインシュタインの光電効果の法則逆光電効果表面光電効果

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone