コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

映像増倍管 えいぞうぞうばいかんimage intensifier

世界大百科事典 第2版の解説

えいぞうぞうばいかん【映像増倍管 image intensifier】

入射光により光電面から放出された光電子を加速,集束して蛍光面に結像,発光させ,光学像を得る真空管(図1)。イメージインテンシファイア(略称I.I.)またはイメージ管とも呼ぶ。微弱光の輝度増倍や,不可視光像を可視像に変換する機能をもち,後者は像変換管とも呼ぶ。暗視用,学術研究,医療用などに使う。暗視用イメージインテンシファイアは高感度のマルチアルカリ光電面や,赤外用Ag‐O‐Cs光電面を用い,入出力面にファイバープレートを使用し2~3個連結して高感度を得るものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

映像増倍管の関連キーワード電子管

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android