春疾風/春早手(読み)ハルハヤテ

精選版 日本国語大辞典の解説

はる‐はやて【春疾風】

〘名〙 (「はやて」は急に激しく吹きおこる風) 砂塵を巻きあげて吹くの疾風。春嵐。《・春》
※榛の木(1949)〈川島彷徨子〉昭和一七年「春疾風襁褓かたよせあほちいつ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の春疾風/春早手の言及

【風】より

…寒冷前線の通過に伴う突風で,しゅう雨を伴うこともある。春の強風は〈春疾風(はるはやて)〉〈春荒(しゆんこう∥はるあれ)〉〈春嵐(はるあらし)〉などという。 春一番〈春一(はるいち)〉ともいう。…

※「春疾風/春早手」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android