コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春秋軒一葉(初代) しゅんじゅうけん いちよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

春秋軒一葉(初代) しゅんじゅうけん-いちよう

?-? 江戸時代中期の華道家。
春秋庵一翁にまなんだといわれ,古遠州流の祖とされる。天明(1781-89)のころ江戸で活躍。作品は「瓶花群載」に所載古実庵一葉を名のったともいう。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

春秋軒一葉(初代)の関連キーワード春秋庵一翁

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android