昭和海運(読み)しょうわかいうん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

昭和海運
しょうわかいうん

海運会社。 1944年共同企業船舶部を分離して日本油漕船設立。 60年東洋汽船を合併,64年「海運業の再建整備に関する臨時措置法」に基づいて日産汽船と合併し社名を昭和海運に変更。 89年客船「おせあにっくぐれいす」の運航を開始するなど客船事業に進出。 98年 10月日本郵船に合併。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android