コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昼夜帯 チュウヤオビ

デジタル大辞泉の解説

ちゅうや‐おび〔チウヤ‐〕【昼夜帯】

表と裏を異なる布で仕立てた女帯。もと、黒ビロードと白繻子(しろじゅす)とを合わせて作られたところから、白と黒を昼と夜にたとえてできた語。鯨帯(くじらおび)。腹合わせ帯。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうやおび【昼夜帯】

表裏を別の布地で仕立てた女帯。もと、黒繻子じゆすに白の裏を付けたことから昼夜に見立てたもの。腹合わせ帯。鯨くじら帯。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の昼夜帯の言及

【帯】より

…( 図)腹合せ帯長さ4m,幅30.5cmに芯を入れて毛抜(けぬき)仕立てとし両面使用できる。片面を黒繻子とした昼夜(ちゆうや)帯(鯨帯とも)は江戸中期から大正時代まで丸帯とともに女帯の代表であった。両面をやわらかい塩瀬羽二重などで仕立てたものは帛紗(ふくさ)帯と呼んだ。…

※「昼夜帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

昼夜帯の関連キーワード竹久 夢二岡 鬼太郎岡鬼太郎腹合せ帯腹合帯和服丸帯夏帯昼夜

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android