昼夜(読み)チュウヤ

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐や〔チウ‐〕【昼夜】

ひるとよる。「昼夜を問わず二四時間営業する」
(副詞的に用いて)昼夜を通して。ひるもよるも。いつも。日夜。「昼夜心を悩ます」
昼夜帯」の略。
昼夜を通して遊女を買い切ること。また、その揚げ代。
紋日でござりますから―がつきます」〈洒・青楼惚多手買〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうや【昼夜】

昼と夜。
昼も夜も。たえず。常に。日夜。副詞的に用いる。 「 -きびしく監視する」
昼から夜まで通しで遊女を買い切ること。
「昼夜帯」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゅう‐や チウ‥【昼夜】

〘名〙
① ひるとよる。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※高野本平家(13C前)灌頂「昼夜(チウヤ)朝夕の御つとめ、長時不断の御念仏」 〔易経‐繋辞上〕
② 昼と夜の区別なく物事を続けること。いつも。日夜
※万葉(8C後)五・沈痾自哀文「昼夜釣漁河海者、尚有慶福而全経俗
※浮世草子・日本永代蔵(1688)五「昼夜(チウヤ)の枕にひびく時計の細工」 〔後漢書‐曹褒伝〕
③ 昼から夜まで通して遊女を買切ること。また、その揚げ代。
※咄本・座狂はなし(1730)中「祇園町の文字が所で、白人二三十人と子共十人ばかり、昼夜(チウヤ)をして置た」
※湯女(1898)〈内田魯庵〉「帯だけは齢相応に華美(はで)なメレンス友禅と紫繻子の昼夜(チウヤ)を締めてゐたが」

ひる‐よる【昼夜】

〘名〙 昼と夜。昼も夜も。よるひる。ちゅうや。
※書紀(720)神代上(兼方本訓)「昼夜(ヒルヨル)の相代(あひかはるわき)も」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

昼夜の関連情報