晋樹隆彦(読み)しんじゅ たかひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

晋樹隆彦 しんじゅ-たかひこ

1944- 昭和後期-平成時代の歌人,出版社経営者。
昭和19年5月9日生まれ。複数の出版社で編集にたずさわり,昭和60年ながらみ書房を立ち上げ,歌集歌書を中心に出版。平成元年「短歌往来」創刊。25年古里の自然や酒を詠んだ「浸蝕」で第18回若山牧水賞受賞。著作はほかにエッセイ集「歌人片影」など。千葉県出身。法政大卒。本名は及川隆彦。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android