コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

晩発効果 ばんぱつこうかlate effect

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

晩発効果
ばんぱつこうか
late effect

放射線による生物学的効果のうち,被ばく後かなりの期間を経てその症状が現れるもの。たとえば,癌,白内障などは数十年の潜伏期間を経て初めてその症状が現れることがある。これに対して造血器官障害などは被ばく直後に発生し,急性障害といわれる。晩発効果には発生のしきい値が存在しないとされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ばんぱつこうか【晩発効果】

放射線に被曝後、数年から数十年という長い年月を経て症状が現れる放射線障害。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

晩発効果の関連キーワード放射線障害放射線

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android