しきい値(読み)しきいち

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

しきい値

一般に境界線境目のことを指し、ある値以上で効果が現れ、それ以下では効果が現れないことをいう。デジタルでは、0と1の境界線のこと。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

しきい値
しきいち
threshold

反応や変化を起させるために外部からなんらかの量を加えなければならないとき,その量の最小値をしきい値またはスレッショルドという。たとえば,核反応のしきい値とは,その反応を起させるために入射粒子がもたなければならない最小限の運動エネルギーの値である。また生体の興奮のしきい値とは,この興奮を起させるために必要な最小の刺激の強さである。また,デジタル論理回路でのオンとオフの2値状態は電圧などの物理量で与えられるが,それを判定するための値や,レーザー発振が生起するための励起条件のことを呼ぶこともある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android