コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しきい値 しきいち

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

しきい値

一般に境界線境目のことを指し、ある値以上で効果が現れ、それ以下では効果が現れないことをいう。デジタルでは、0と1の境界線のこと。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

しきい値【しきいち】

(1)反応その他の現象を起こすために必要な,系に加えなければならない物理量最小値。ふつうエネルギーについていう。(2)生体刺激をあたえて興奮を誘発させるときの最小の刺激の強さ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

しきい値
しきいち
threshold

反応や変化を起させるために外部からなんらかの量を加えなければならないとき,その量の最小値をしきい値またはスレッショルドという。たとえば,核反応のしきい値とは,その反応を起させるために入射粒子がもたなければならない最小限の運動エネルギーの値である。また生体の興奮のしきい値とは,この興奮を起させるために必要な最小の刺激の強さである。また,デジタル論理回路でのオンとオフの2値状態は電圧などの物理量で与えられるが,それを判定するための値や,レーザー発振が生起するための励起条件のことを呼ぶこともある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

しきい値の関連キーワード量子井戸半導体レーザープラズマディスプレイ核分裂しきい値ニューロチップディザリング非確率的影響多値記憶技術マスクロム晩発効果二値画像空洞現象感受性

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しきい値の関連情報