普通自動車(読み)フツウジドウシャ

デジタル大辞泉「普通自動車」の解説

ふつう‐じどうしゃ【普通自動車】

道路交通法で、大型自動車中型自動車大型特殊自動車自動二輪車・小型特殊自動車以外の自動車車両総重量が3.5トン未満、最大積載量が2トン未満、乗車定員が10人以下の四輪車がこれにあたる。普通車
道路運送車両法で、小型自動車軽自動車・大型特殊自動車・小型特殊自動車以外のもの。バス・大型トラック・大型乗用車などがこれにあたる。普通車。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「普通自動車」の解説

ふつう‐じどうしゃ【普通自動車】

〘名〙 道路交通法で、大型自動車・大型特殊自動車・自動二輪車・小型特殊自動車以外の自動車。道路運送車両法では、小型自動車・軽自動車・大型特殊自動車・小型特殊自動車以外のものをいう。〔道路交通法(1960)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報