普通自動車(読み)フツウジドウシャ

デジタル大辞泉の解説

ふつう‐じどうしゃ【普通自動車】

道路交通法で、大型自動車中型自動車大型特殊自動車自動二輪車小型特殊自動車以外の自動車。車両総重量が5トン未満、最大積載量が3トン未満、乗車定員が10人以下の四輪車がこれにあたる。道路運送車両法では、小型自動車軽自動車・大型特殊自動車・小型特殊自動車以外のものをいう。バス・大型トラック・大型乗用車などがこれにあたる。普通車

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふつうじどうしゃ【普通自動車】

道路運送車両法で、軽自動車・小型自動車・小型特殊自動車・大型特殊自動車以外の自動車。道路交通法では、前述の自動車のうち車両総重量・最大積載量・乗車定員が規定より少ないもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

普通自動車の関連情報