自動二輪車(読み)ジドウニリンシャ

百科事典マイペディアの解説

道路交通法の分類による自動車の一種。同法では,特殊自動車以外の二輪の自動車(サイドカーを含む)で,機関総排気量が50ccを越えるもの(以下は原動機付自転車)とされ,さらに大型自動二輪車と普通自動二輪車に区分される。ふつうオートバイと呼ばれる。
→関連項目サイドカー(自動二輪車)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 自動車の一種。原動機を備え、二つの車輪により自力で走行できる車両。オートバイ。〔現代大辞典(1922)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の自動二輪車の言及

【オートバイ】より

…日本では小型のものをモーターバイクと呼ぶ場合も多く,またスクーターはオートバイの範疇(はんちゆう)に含めないのがふつうである。なお,〈道路交通法〉ではエンジンの排気量51cc以上のものを自動二輪車,50cc以下のものを原動機付自転車と呼んで区別している。 1885年ドイツのG.ダイムラーが,ガソリンエンジンをサドルの下に取り付け,ベルトにより後輪を駆動させる二輪車を製作したのがオートバイの始まりである。…

※「自動二輪車」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自動二輪車の関連情報