自動二輪車(読み)じどうにりんしゃ

百科事典マイペディア「自動二輪車」の解説

自動二輪車【じどうにりんしゃ】

道路交通法の分類による自動車の一種。同法では,特殊自動車以外の二輪の自動車(サイドカーを含む)で,機関総排気量が50ccを越えるもの(以下は原動機付自転車)とされ,さらに大型自動二輪車と普通自動二輪車に区分される。ふつうオートバイと呼ばれる。
→関連項目サイドカー(自動二輪車)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「自動二輪車」の解説

じどう‐にりんしゃ【自動二輪車】

〘名〙 自動車の一種。原動機を備え、二つの車輪により自力で走行できる車両。オートバイ。〔現代大辞典(1922)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「自動二輪車」の解説

じどう‐にりんしゃ【自動二輪車】

原動機を備えた二輪車で、総排気量が50ccを超えるもの。オートバイ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の自動二輪車の言及

【オートバイ】より

…日本では小型のものをモーターバイクと呼ぶ場合も多く,またスクーターはオートバイの範疇(はんちゆう)に含めないのがふつうである。なお,〈道路交通法〉ではエンジンの排気量51cc以上のものを自動二輪車,50cc以下のものを原動機付自転車と呼んで区別している。 1885年ドイツのG.ダイムラーが,ガソリンエンジンをサドルの下に取り付け,ベルトにより後輪を駆動させる二輪車を製作したのがオートバイの始まりである。…

※「自動二輪車」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

最上川

山形県をほぼ南北に貫流する川。全長 229km。吾妻山系に源を発し,北流して米沢・山形盆地を貫流,新庄盆地で流路を西に変え,下流部に庄内平野を形成して日本海に注ぐ。支流が多く,全流域面積 (7040k...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android