コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

智観女王 ちかんじょおう

1件 の用語解説(智観女王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

智観女王 ちかんじょおう

1412-? 室町時代,治仁(はるひと)王の第1王女。
応永19年生まれ。25年仁和寺(にんなじ)十地院に入室し29年得度。31年十地院主の死によりその所領をついだ。通称は鳴滝殿。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

智観女王の関連キーワード後小松天皇ゲストハウス認定農業者落書露顕アンカラの戦塩化マグネシウムケイ(珪)素後小松天皇称光天皇南極大陸

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone