智鏡(読み)ちきょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

智鏡 ちきょう

?-? 鎌倉時代の僧。
京都泉涌(せんにゅう)寺の俊芿(しゅんじょう),定舜(じょうしゅん)に師事。暦仁(りゃくにん)(1238-39)のころ,宋(そう)(中国)にわたり,律をまなぶ。蘭渓道隆(らんけい-どうりゅう)とまじわり,道隆に来日をすすめる。帰国後泉涌寺をつぐ。のち京都大原来迎(らいごう)院にはいり,来日した道隆を同院にむかえた。字(あざな)は明観。号は月翁。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android