コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

智鏡 ちきょう

1件 の用語解説(智鏡の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

智鏡 ちきょう

?-? 鎌倉時代の僧。
京都泉涌(せんにゅう)寺の俊芿(しゅんじょう),定舜(じょうしゅん)に師事。暦仁(りゃくにん)(1238-39)のころ,宋(そう)(中国)にわたり,律をまなぶ。蘭渓道隆(らんけい-どうりゅう)とまじわり,道隆に来日をすすめる。帰国後泉涌寺をつぐ。のち京都大原来迎(らいごう)院にはいり,来日した道隆を同院にむかえた。字(あざな)は明観。号は月翁。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

智鏡の関連キーワード円一(1)憲静定舜心海(1)真照湛海(1)道誉(2)法性宥鑁

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone