コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明観 みょうかん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

明観 みょうかん

953-1021 平安時代中期の僧。
天暦(てんりゃく)7年生まれ。醍醐(だいご)天皇の曾孫。観理について出家し,真言をまなぶ。元杲(げんごう)から灌頂(かんじょう)をうけ,慶助の跡をついで長徳4年(998)醍醐寺11世座主となった。治安(じあん)元年10月8日死去。69歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

明観の関連キーワードガンディー(Mohandās Karamchand Gāndhī)ネイチャー・ライティング世界(雑誌)ル・グイン歴史の研究海東高僧伝池辺義象崔南善天暦智鏡覚源角々

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明観の関連情報