明観(読み)みょうかん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

明観 みょうかん

953-1021 平安時代中期の僧。
天暦(てんりゃく)7年生まれ。醍醐(だいご)天皇の曾孫。観理について出家し,真言をまなぶ。元杲(げんごう)から灌頂(かんじょう)をうけ,慶助の跡をついで長徳4年(998)醍醐寺11世座主となった。治安(じあん)元年10月8日死去。69歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android