明観(読み)みょうかん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

明観 みょうかん

953-1021 平安時代中期の僧。
天暦(てんりゃく)7年生まれ。醍醐(だいご)天皇の曾孫。観理について出家し,真言をまなぶ。元杲(げんごう)から灌頂(かんじょう)をうけ,慶助の跡をついで長徳4年(998)醍醐寺11世座主となった。治安(じあん)元年10月8日死去。69歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android