コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暦仁 リャクニン

デジタル大辞泉の解説

りゃくにん【暦仁】

鎌倉時代、四条天皇の時の年号。1238年11月23日~1239年2月7日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りゃくにん【暦仁】

年号(1238.11.23~1239.2.7)。嘉禎の後、延応の前。四条天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

りゃくにん【暦仁】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1238年から1239年まで、四条(しじょう)天皇の代の元号。前元号は嘉禎(かてい)。次元号は延応(えんおう)。1238年(嘉禎4)11月23日改元。天災の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『隋書(ずいしょ)』を出典とする命名。暦仁年間の鎌倉幕府の将軍は藤原(九条)頼経(よりつね)(4代)、執権は北条泰時(やすとき)(3代)。1238年(暦仁1)、僧浄光の勧進により「大仏堂」(高徳院の大仏、鎌倉大仏)の建立が始まり、5年後の1243年(寛元1)に完成した。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

暦仁の関連キーワード聖徳太子伝私記二階堂行佐二階堂行義鎌倉の大仏良印(1)松殿師家災異改元二条資季久我具房宜秋門院大仏宣時近衛兼経保奉行人後藤基政町野康持大仏朝直北条泰時小山朝政二条良実三浦泰村

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android