暦仁(読み)りゃくにん

日本の元号がわかる事典「暦仁」の解説

りゃくにん【暦仁】

日本の元号年号)。鎌倉時代の1238年から1239年まで、四条(しじょう)天皇のの元号。前元号は嘉禎(かてい)。次元号は延応(えんおう)。1238年(嘉禎4)11月23日改元天災の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『隋書(ずいしょ)』を出典とする命名。暦仁年間の鎌倉幕府将軍は藤原(九条)頼経(よりつね)(4代)、執権は北条泰時(やすとき)(3代)。1238年(暦仁1)、僧浄光の勧進により「大仏堂」(高徳院の大仏、鎌倉大仏)の建立が始まり、5年後の1243年(寛元1)に完成した。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「暦仁」の解説

りゃくにん【暦仁】

鎌倉時代、四条天皇の代の年号。嘉禎四年(一二三八)一一月二三日に改元、暦仁二年(一二三九)二月七日に至って次の延応となる。出典は「隋書‐音楽志下」に見える「宴群臣登歌辞」の「皇明馭暦、仁深海県」。

れきにん【暦仁】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android