暇が明く(読み)ひまがあく

精選版 日本国語大辞典「暇が明く」の解説

ひま【暇】 が 明(あ)

ひまになる。
醍醐寺文書‐年月日未詳(室町)・某書状「めでたく御ひまあき、よろづ申候べく候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android