コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

醍醐寺文書 だいごじもんじょ

百科事典マイペディアの解説

醍醐寺文書【だいごじもんじょ】

京都市伏見区の真言宗醍醐派総本山醍醐寺に伝えられた文書群。聖教古文書をあわせ約800函・約10万点を数える。整理・調査は1910年に着手され,新たに建造された収蔵庫に納められた。古文書は,三宝(さんぼう)院をはじめとする門跡・院家に伝来したものと,篠村(しのむら)八幡宮・高倉天神別当職関係のものなどからなり,座主・諸行事・寺領など醍醐寺本寺の寺務・経済に関わるもの,諸院家の院主職相承・所領支配等に関わるものなどがある。整理・調査は継続されており,〈大日本古文書〉の《醍醐寺文書》として刊行されている。現在醍醐寺の北倉に絵画・書跡典籍類,南倉に聖教・古文書類が納められている。
→関連項目奉加帳

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいごじもんじょ【醍醐寺文書】

真言宗醍醐派総本山醍醐寺に伝来する古文書。同寺の霊宝館に保管されている。醍醐寺には膨大な古文書・聖教が伝えられているが,その歴史学的な調査は明治末年から始まり,1920年ころに山内の諸所に伝わっていたものを一ヵ所に集めて保存をはかり,調査を進めることになった。同寺は新しく収蔵庫を建てたが,それは文化財の保管庫としては画期的なもので,以後諸方面に大きな影響を与えた。当初収蔵庫は2棟であったが,絵画や貴重な典籍・書跡が北倉に,上醍醐の経蔵にあった重源(ちようげん)奉納の宋版一切経6096帖と古文書・聖教約800函が南倉に収められた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

醍醐寺文書
だいごじもんじょ

京都の醍醐寺に伝来した数百函の古文書・聖教類の総称。本来は三宝院(さんぼういん)、報恩院(ほうおんいん)など各院家に別々に伝来したものであるが、近世・近代における院家の統合廃亡によって、現在は一括して同寺霊宝館に所蔵されている。多くの中世文書群が、権利の証明を中心とした領有や収納などの史料が中心であるのに対し、私的な書状や宗教関係の文書が多い点に特徴がある。『大日本古文書 醍醐寺文書』として10冊が刊行され、なお継続中である。[笠松宏至]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android