コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曇摩迦羅 どんまから Dharmakāla

1件 の用語解説(曇摩迦羅の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

曇摩迦羅
どんまから
Dharmakāla

中部インド出身の僧。曇柯迦羅とも書く。最初ベータ聖典を学んだが,のちに仏教に帰依し,嘉平2 (250) 年に中国の洛陽に来て,白馬寺で経典の翻訳に従事し,また中国で初めて戒律を授ける作法を伝えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

曇摩迦羅の関連キーワード英蘭倶利迦羅焼き・俱利迦羅焼き・倶利迦羅焼・俱利迦羅焼雌鳥倶利迦羅倶利迦羅明王倶利迦羅紋紋倶利迦羅焼椪柑中部イタリアイン斬り