曝れ板(読み)シャレイタ

デジタル大辞泉の解説

しゃれ‐いた【×曝れ板】

日光や風雨に長時間さらされて、木目が浮き出た板。風流なものとして珍重された。されいた。
「寝間と思ふ長押(なげし)の上に―の額かけて、好色庵としるせり」〈浮・一代女・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android